生活

遠距離の引越しを激安でできる裏技!

こちらの記事を書いている現在、3月の引越しシーズンです。
転勤や就職、進学などで、日本全国で多くの方が引越しをするシーズンです。

普段の月に比べると何倍のも方が引越しをするため、引越し会社へ依頼するとかなり高額な料金となります。
この時期に引越をされた経験がある方は分かると思いますが、普段の2倍程度の料金になっています。

これは平常時の人員やトラックの台数では回せないためで、アルバイトの増員やレンタカー代など、経費の分が水増しされるせいなんです。
また、平常時に割安にしている分、繁忙期である3月にそのぶんの穴埋めのため、という意味合いもあります。

どちらにせよ、利用する側としては痛い出費なわけで、この時期引越しをされる方は頭の痛い悩みとなるかと思います。

そこで、ただでさえ割高な引越しシーズンに加え、平常時でもそれなりの料金である遠距離の引越しを、激安でできる裏技を伝授いたします!

これから遠方へ引越しを予定されている方は、ぜひ参考にしてください。

単身、あるいは荷物の少ない方の場合

先ずはじめに、単身、一人での引越しという方や、複数人だけど荷物の少ないという方へ。

先に結論から言うと、引越し業者は利用しません。

ではどうやって運ぶのかと言うと、ずばり宅急便です。
そう、全てヤマトや佐川などの宅急便を利用して引越しをするんです。

例えば、大阪~東京間で宅急便の最大サイズである160サイズを依頼するとします。
その場合の料金は、集荷してもらう場合で2,200円くらいです。

単身の方が引越しをされる場合、だいたいの方は20箱あれば十分です。
つまり、2,200円×20で4万4千円となります。
※実際には複数割などのサービスがあります

これをもし引越し業者に依頼すると、3月のシーズンの場合安い業者でも10万円以下はまずありません。
高い業者や最後の土日指定などの場合、20万円を超えるケースも珍しくありません。

ただ、宅急便ですと大きな荷物は送れませんので、冷蔵庫や洗濯機、布団などは引越し先で買いそろえるほうがお得です。
どうしても運びたい場合は、ヤマトで大きな荷物を単品で運んでくれるサービスがあるので、そちらが割安でおすすめです。

また、ヤマトや日通の単身引越し便を1カーゴのみ利用し、あふれる分を宅急便で運ぶという手もあります。
この場合も、引越し業者に全て依頼するよりもかなり安くで引越し可能です。

宅急便を利用する場合の欠点

宅急便での引越しは、安くですむぶん欠点もあります。
それは、自分で荷物を運ぶ必要があるという点です。

引越し業者に依頼した場合、荷物は部屋の中の指定した場所まで運んでもらえます。
しかし宅急便の場合は、玄関までしか運んでもらえませんので、そこから各部屋へは自分で運ぶ必要があります。

特に女性は、この点に注意をしておく必要があります。

荷物の多い方の場合

次に、家族の多い方や荷物が多い方の場合です。
荷物が多い場合、宅急便では量が多すぎてとても間に合いませんよね。

例えば4人家族の場合、段ボールの数は少なくとも40箱は必要になります。
また、冷蔵庫などの家電品の他、ベッドなどの家具、自転車など多くの大型荷物があるかと思います。

この場合は、どうしても引越し業者に依頼するほかありません。
近くであれば、自分でトラックを借りて運ぶ手もありますが、遠距離ではそうもいきません。

ではどうすれば安くで引越しできるのか?

おすすめは、コンテナ便です。
コンテナ便とは、JR貨物を利用した引越しのことで、トラックでの輸送よりも割安な場合が多いです。

利用できる引越し業者は限られますが、利用できればかなり安くなる場合もあります。
トラックで輸送するよりコストが安くすむためで、ケースによっては10万円も安くなることもあります。

距離や荷物量、タイミングなどで料金は違いますが、ぜひ探してみてください。

コンテナ便を利用する場合の欠点

コンテナ便を利用する場合の欠点ですが、ずばり破損です。

JRのコンテナは鉄道で輸送するわけですが、各駅でコンテナを降ろす際に、大きなリフトが使用されます。
この際、コンテナ自体が大きく重いため、かなり斜めになったり揺れたりするんです。

そのため、中の荷物が破損しやすく、トラブルに発展するケースがどうしてもあります。
もしコンテナ便を利用する場合は、高価な食器などの割れやすい物は別途自分で運ぶなど、対策をおすすめします。

まとめ

ここでは、料金の高い遠距離の引越しを安くでする方法を解説してみました。
もちろんケースにもよるので、参考程度に読んで頂ければと思いますが、人によってはかなり安く済ませることが可能です。

また、引越しシーズンでは引越し業者が見つからないという事も多いので、そういう場合の代替案としてもおすすめです。

これから遠方へ引越しをされる方は、ぜひ参考にされてください。